カメムシ捕獲のための調査~駆除の流れ

カメムシの被害に悩まされていても、いざ専門業者に依頼するにはご心配なことが当然あるかと思います。カメムシの駆除方法は、被害状況や建物の構造・広さなどにより様々です。
経験豊富な調査員がしっかりと状況確認をし、最善の対策方法をご提案致しますのでご安心ください。ご心配事やご不明な点は調査員になんなりと質問して下さい。

カメムシ捕獲・退治までのフロー

※建物の屋根裏や外周、屋根などを確認して、被害状況や侵入経路を調査します。
※状況報告と対策方法・費用のご説明を致します。分からない事はなんなりと質問して下さい。


カメムシ駆除の施工方法

春先や、晩秋の越冬時期になるとカメムシは建物の隙間を見つけて侵入してきますが、屋内に侵入する前、壁や窓などに止まります。特に、日当たりの良い壁面に止まっていることが多いです。そのため、あらかじめ壁面などに殺虫剤を処理しておいて、処理面にとまったカメムシを駆除し、屋内へ侵入するのを防止します。

※駆除は早めの対策が有効です。
カメムシが出てからでは効果が半減してしまいます。


室内の施工

  • 床、壁、天井面などにスプレー剤を散布
  • 侵入した隙間をコーキング処理
  • 殺虫薬剤にて駆除
  • 虫の死骸除去

外周の施工

  • 忌避剤及び、残効性薬剤を散布
  • 窓用薬剤塗布/li>

床下・天井裏の施工

  • 忌避剤及び、残効性薬剤を散布
  • 薬剤散布
  • 燻煙剤処理

調査のご依頼を承りましたら、スタッフが現地へお伺いして駆除方法を選定していきます。駆除方法は数種類あるため、建物の構造や被害状況を見ながら、適切な作業を行っていきます。

  • 液体タイプ薬剤
  • 薫煙・薫蒸タイプ薬剤
  • スプレータイプ薬剤
  • 微粒子タイプ薬剤

※当社では環境や人体への影響がなく、安全性の高い薬剤を使用しています。

まずは、ご相談ください!

メールでのお問い合わせ

アメブロバナー

トリプルエーチャンネル

メディア取材・講演依頼の方はこちら

害虫獣対策卸問屋ユナテック

projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

採用情報

ページ上部へ戻る